【ワンピース考察:最新話930話】ビッグマム海賊団とHCIに残された者たち

※コミックス派の方はネタバレを含む可能性がありますのでご注意ください。

こんぬつわ、にゅーです☆

2週間ぶりのワンピースでワクワクしていたんですが…

またまた今週も驚き&次はどうなってしまうんだろう?といった展開ばかりでしたよね☆

その中でも個人的に一番「えーっ!!!」っとなったのがビッグマム海賊団。

まずはここから考察していってみたいと思います!

ビッグマム海賊団とHCI(ホールケーキアイランド)に残された者たち

ビッグマム海賊団襲来

いやぁ…

ビッグマム来るの早過ぎでしょw

てっきり火祭り当日にちょうど到着して大混乱になるとばかり思っていました。

そしてどうやらカイドウ側に付くわけでも無さそうでこれはルフィたちにとってはまだ救いなのかもしれません。

まあ敵には違いないし三つ巴みたいなもんですけどね。

それに対しカイドウ側はワノ国に入国させまいと迎撃に出た…

というかキングの一蹴で済ませてしまった。

キングについては後々で触れようと思いますが、その前に気になる事が。

ビッグマムはなぜ滝登りがバレた?

今回ビッグマム海賊団ですがルフィたちと同じく滝登りをして入国しようとしていましたよね。

ただ今回はビッグマム海賊団が接近してきていたことをカイドウ側は感知していたんですよ。

これって変じゃないですか?

だってルフィたちはバレずに滝登りして入国できたわけで。

バレたのは上陸後。

なんでルフィたちが滝登りで入国したのはバレずにビッグマムたちはバレてしまったのか。

これに関してはおそらくルフィたちがどこからともなく入国していたことから警備を強めたという線でしょうか。

そしてリンリンがやってくるであろう電話を受けたことから事前に準備をしていたのかもしれません。

それにカイドウの部下たち滝を登ってくるとは想定外と言っていたことから、警備を強めたおかげでそのルートまで監視できていたのかもしれません。

そう考えるのが普通かなと思います。

ホールケーキアイランドに残ったのは…

そしてもう1つ気になることが。

今回ワノ国にやってきたのはビッグマムを筆頭に長男・長女、そして将星の1人スムージーにダイフクやモンドール、フランペまで!

色々な子供たちを連れてきていますが…

他の将星であるカタクリ・クラッカー(あと元将星スナック)が来ていません。

つまりこの将星たちはホールケーキアイランドに残ったと思われるんですが…

もしかしてカタクリとクラッカーもウルージに負けたスナックのようにルフィに敗北したことから将星から外されたんでしょかね?

ケガの治療のため…と言うのであればペロス兄も片腕失くしてるくらいなんで付いてはこないと思いますのでそれは無いかなと思われます。

まあ全勢力を連れてワノ国に来てしまうとホールケーキアイランドを狙われたら危ないですからね、守りのために残してきたとも取れます。

…ん?自分で言っておいて何ですがホールケーキアイランドが危ないってそもそも狙う人がいるんでしょうか?

私ね、ワノ国が盛り上がって最高潮になっている裏でいくつもの大きな事件が起こるんじゃないかと思ってるんです。

その1つがホールケーキアイランドの襲撃。

誰によるものか。

世界情勢に詳しい人間がつい最近、久々に登場しましたよね。懸賞金とともに。

そう、黒ひげですよ。

ただね、黒ひげは意味の無い侵略をして自身の戦力を下げるようなことはしないはず。

何か欲しい悪魔の実等の目的が無くては動かない。

でもね、黒ひげ、海賊王を目指しているというわけで…

おそらくリオ・ポーネグリフの事も耳にはしているはず。

となると狙うはこのリオ・ポーネグリフとなりそうなんですが、以前私はこんな考察をしました。

【ワンピース考察】世界の大物達に狙われるロビン

2018年10月29日

黒ひげもね、ポーネグリフを解読する方法を持っていないはずなんです。

そうなると一番に狙うべきなのはロビンなんですが…

黒ひげはリオ・ポーネグリフの写しを取りに来るのと一緒にプリンも連れ去ってしまうんじゃないかと思うんです。

ワノ国で再びサンジとの絡みがあっても良いはずなのにプリンも残留組になっていますからね。

現時点ではまだ覚醒してはいませんがプリンの第三の目は覚醒すれば古代文字を解読できるようになるかもしれないような話をマムがしてましたよね。

黒ひげもその噂を聞いていたとしたら…間違いなくポーネグリフの写しとともにプリンも奪いに来るでしょうね。

ビッグマムのいない絶好機です。

おそらくカタクリとは言えど黒ひげにはかなわないと思われます。

シリュウみたいな反則技のスケスケ持ちもいますしね。

それにカタクリはルフィと共闘することはあっても再戦することは無いだろうと思うんです。

だってルフィ側に再戦させる意味があまり感じられないから。

もしかしたらここで途中脱落となってしまうのかも…

このもしかしたら起こり得る裏の動きについても頭の片隅にでもおいておこうと思います。

火災のキング

そして今回さらに明らかになったのが百獣海賊団三大災害のトップであるキングの能力。

リュウリュウの実古代種プテラノドン!

正直これはかなり意外でした。

というのも初登場時のキングの姿を見ると炎を纏い、黒い天使の羽のようなものが背中についていました。

今回の獣型の状態の翼とはまるで違う形ですしプテラノドン=炎というイメージもありません。

だから元々普通の人間ではない可能性が高いような気がします。

何やら悪魔のような…うーん、想像がつかないw

そして何よりびっくりしたのがビッグマムの船であるクイーン・ママ・シャンテ号を冷静に蹴り一発で滝壺の下まで叩き落としたこと。

…戦闘能力高過ぎじゃね?(汗

相手が四皇だろうが嘗めたような態度を取っていますし…

間違いなく大物だ、これは(小並感←

これは本当に強敵の予感ですね、誰と対戦するのかも楽しみです☆

ビッグマムの今後

さてさて、そんなキングさんに叩き落とされたマムたちでしたが、滝壺の下へと沈んでいきました。

普通の能力者だったらこれでおしまい!ってとこなんですが…

ジャックはもしかしたら魚人かもしれませんが、ジャックの例もありますしこれでビッグマムが退場となったら…さすがにずっこけますよねw

ですので間違いなく生きてはいると思います。

ですがなかなか海上に戻ってくるのは難しそうな気が。

そもそもシャーロット家の面々は能力者だらけ。

もしも非能力者がいたとしても少ないでしょうし、少ない人数で全員助け出すのにはかなり時間がかかる。

しかもまた海上に戻れたとしても、キングを何とかしなくては侵入はなかなか難しそう。

この構図を作った尾田先生はやはり先の展開まで考えて書いていらっしゃるんだと思って改めてすごい…と思わさせられましたw

次にマムが登場するのは火祭り当日!ここしかないでしょう。

ルフィ達の勢力が火祭りに討ち入りに入ったことでマムのところに人員を割けなくなり、マムたちが入国って形になるのかなぁと。

もしかしたらキングは対マム用のキャラでルフィ達とは戦わず、マムにやられるのかもなぁとも思い始めました。

しかしこれだけの大混乱をどうまとめるのか…本当に楽しみです☆

まとめ

今回はビッグマム海賊団がワノ国に襲来したところから、今後の表と裏の展開について考察してみました。

表舞台も盛り上がっていますが、世界会議編や黒ひげ等、他の場所で気になる部分も多々ありますのでそちらも注目しつつ読んでいくとより楽しめる気がします!

読んでいただきありがとうございました☆

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

にゅー

1984年に岐阜県で生まれ、現在宮城県在住。妻に栄養について色々と教えてもらいながら健康な体を維持しています。次は目指せ細マッチョ!