【仕事帰りに稼ぐ】沖ドキの勝てる立ち回り・天井・期待値

こんぬつわ、にゅーです☆

見事に沖スロの爆連を再現した人気台、沖ドキ。

この台は朝イチ・設定・通常B狙い等、狙いどころが多く、積極的に触っている人も多いイメージです☆

ですがメダルもちが悪く、ヤメ時等しっかり考えておかないと痛い目を見ることも…

そうならないために、今回は沖ドキで勝つための立ち回りについて紹介させていただきます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

沖ドキの勝つための立ち回り

打ち方・設定判別について

一撃

今回も分かりやすい一撃様の沖ドキ説明サイトをリンクさせていただきました。

設定狙いの場合は朝イチの挙動が重要になってきますし、共通ベルは必ずカウントするようにしたいですね。

では、ハイエナ稼働ではどうでしょうか。

勝つための立ち回り

期待収支金額・時間効率・ヤメ時について

まずはG数天井狙いの場合。

スロット沖ドキ 天国スルー回数別天井期待値

※設定1の数値
※すべて通常当選と仮定したモード比率で算出

引用元:パチスロ期待値見える化

こうやって見るとG数狙いはしづらいイメージです。

が、万年据え置きのホールであれば800Gくらいの台なら落ちていることがあります。

ですので狙うのであれば上の表の1400円前後を超えるあたりから狙うと良いと思います。

そしてやっている人が多いと思われるスルー回数狙いですが、危ないので天国に入るまで全ツッパするのはヤメたほうがいいと私は考えています。

というのも、沖ドキ、通常Bに滞在していれば、0Gからでも期待収支金額が3000円程度と言われています。

しかし、基本いるモードは通常A。沖ドキは上位モードに上がれば天国以上にいくまでは転落はない仕様なので運良く通常Bにサクッと上がればいいんですが通常Aを抜け出すのがなかなか大変です。

ですのでスルー回数10回だろうと通常Aにいる可能性は拭えません。

じゃあどの台狙えばいいの?というところなんですが、狙うならばやはり通常B狙いしかありません

この台は自分の中でルールを決めて打たなければならない台です。

以下は私が決めているルールですが、

  • 5回以上スルー500ハマリ程度から打って1回当たり、天国に上がっていなければ32Gヤメ
  • 800Gあたりから天井狙いで打って、当たり後天国に上がっていなければ32Gヤメ
  • スイカ解除した場合、もしくは特殊点滅の高速点滅orスロー点滅が出た場合、天国に上がっていなければもう1回当たるまで打ち、その後天国に上がっていなければ32Gヤメ
  • 特殊点滅の同時点滅or通常⇒同時点滅の場合は天国に上がるまで打ち、天国抜け後32Gヤメ

この4つのルールを守って狙うようにしています。

人によってはスルー回数でも全ツッパしたり、スイカ解除や高速点滅等で全ツッパされる方もいるかもしれません。

でも私の場合はお金も時間も無いので投資が嵩み、時間がかかってしまうと本当に困りますorz

ですので、ほぼ確定ではない演出は信用しないようにし、こういう立ち回りにしています。

ただ通常B確定しても通常Bがループして投資金額が嵩んでしまうこともありますがそれは仕方ないと割り切るしかないですねorz

それに加えて通常Aを回させられるよりはいいです。

ですので、天井狙いや5回以上スルーの台を打ち、その当たり方次第でヤメ時を変える、というイメージで打てば時間効率も含め、うまくハイエナ稼働ができるのではないかと私は考えています。

ちなみに通常時はチェリー・スイカの目押しが必要な上、特に演出なくいきなりくるので、常に左リールバー狙いを心がけ、取りこぼしのないようにしましょう

取りこぼすパターンはスイカが指が止まらず取りこぼすということが多いかと思いますので(私もよくやりますorz)、そういう方は順ハサミ打ちにすることでこぼし回数を減らせるかもしれません。(中リールより右リールの方がスイカが多い)

 

 

スポンサーリンク



 

 

まとめ

沖ドキの評価

期待収支:★★★☆☆(3)

時間効率:★★★☆☆(3)

ヤメ時:★★★★★(5)

ただし、時間効率は展開によってはものすごく悪くなりますし、ヤメ時も32Gヤメを徹底すれば、というところです。

つい、もう1回光るまで打つ!と思って打ってしまいがちですが、23G/50枚とメダルもちも悪い台です。

ヤメる時はスパッとヤメる。どの台でもそうですがヤメ時を制する者はパチスロを制すというくらい(どこかで聞いた)ですので、自分ルールをしっかり決めて沖ドキで稼いでいきましょう☆

【基礎編】仕事帰りの稼働メインで年間100万円プラスを達成した私のパチスロの勝ち方とその立ち回り

2018年9月4日

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

にゅー

1984年に岐阜県で生まれ、現在宮城県在住。妻に栄養について色々と教えてもらいながら健康な体を維持しています。次は目指せ細マッチョ!