【実践編:後編】仕事帰りの稼働メインで年間100万円プラスを達成した私のパチスロの勝ち方とその立ち回り

こんぬつわ、にゅーです☆

3部作の最後となりました、【実践編:後編】です。

【基礎編】仕事帰りの稼働メインで年間100万円プラスを達成した私のパチスロの勝ち方とその立ち回り

2018年9月4日

【実践編:前編】仕事帰りの稼働メインで年間100万円プラスを達成した私のパチスロの勝ち方とその立ち回り

2018年9月5日

今回も長くなると思いますので、さっそく本題に入っていきます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

パチスロの勝ち方

ゾーン・天井狙いをする

私が仕事帰り稼働メインで年間収支プラス100万円を達成した方法の一番はこれです。

ゾーン狙いは当たりやすい回転数の台を選んで打つ、天井狙いは必ず当たる回転数に近い台を選んで打つ、これだけです。

そんなんやってる人多いでしょ?という方、そうです、ライバルも当然多いです。

でもこれをひたすら続ける、これだけです。

というのも、私はゾーン狙いは攻殻機動隊くらいであまりやっていませんでしたが、天井狙いについてはかなり積極的にやっていました。

というのも天井まで到達すると爆発的な出玉が期待できる機種が多かったからです。

GODやモンハン、秘宝伝など、天井到達で下手したらフリーズを引いた時並みかそれ以上の出玉を得ることができる台がたくさんあります。

では何回転から打てばいいのか。それについては期待収支という目安があります。

つまり、〇〇回転から打ち始めれば、期待収支2000円という基準がそれぞれの台にあるんです。

ただ、天井狙いはかなり収支がブレます。期待収支も基準なだけで大負けする時もあれば大勝ちする時もある。

ですのでとにかく試行回数を増やすことが大事です。

期待収支の計算なんて分からないという方、これもネット上にはいくらでも載っていますし雑誌にも載っていますので何回転から打てばいくら勝てるのか、頭に入れておくかすぐに載っているサイトを出せるよう携帯に登録しておく等するといいと思います。

そして期待収支の計算はもちろん交換率によっても変動しますので、その辺も考慮するようにしてください。

ちなみに私は期待収支2000円のラインから積極的に狙い、打つ台が無ければ期待収支1000円程度の台を打つかパチンコで釘が良さげなものを打っていました。

あとは時間には気をつけてください。閉店時間が近いのに上乗せたくさんしても取りきれずに終わってしまいますので、残り時間との兼ね合いもしっかりとしましょう。(私はGODで10セット以上残ししたことがありますorz)

でもそんな期待収支2000円以上の台なんて全然落ちてないよ!という意見があるかと思います。

とにかく多くの店を回る

1つの店で打てる台が無い。そうしたら別の店に行けばいいんです。

別の店にも無かったらさらに他の店へ。

試行回数を増やすには足を使うしかないんです。

実際私が100万円稼いだ時は多い時で1日10店舗は回っていました。

そして前編でも言いましたがもちろんすべての店舗で会員カードを作るようにしましょう。

店の癖を掴む

これは高設定狙いでも重要です。

高設定狙いの場合は凹み上げだったり据え置きだったり、その店の癖を掴むことで勝率を上げることができます。が、これはなかなか高度です。

私が今回言いたいのは、基本設定1を据え置きで放置し続けている店かどうかを見極めてください。

爆裂するAT機やART機、設定変更で有利になる台等は設定1の据え置きで、人がそこそこ集まるジャグラー等のAタイプには少し設定を入れる。こういう店がとても多いです

ですので、こういう店を近所に複数見つけたらそれはもうガッツポーズです。

ちなみに据え置きかどうかを見分ける方法はゾーンの挙動や天井到達のタイミング、マイスロを前日に仕込んでおく等、やり方はいくらでもあります。

データ機があまり充実していないお店を見つける

これも重要です。

というのも、据え置き狙いをする際、データ機が充実しているとすぐに前日の回転数が分かるので、そういう店にはライバルも集まりやすいんです。

ところが色々計算しないと回転数が分からないちょっと古いデータ機だと皆さん敬遠しがちです。つまりそこにチャンスがあります

そういうお店はあまり知識のないとりあえず打ちたいっていう人がちょこっと回したりするだけだったりするので、美味しい台が結構落ちています。

昔データ機が古いお店で秘宝伝(太陽)の回転数を計算したところ、残り30回転で第2天井というおそろしく美味しい台を拾ったことがあります。(ATすぐ終わったんですけどねorz)

ですので、面倒な努力をすればするほど勝てるのがパチスロです。

携帯の電卓を使い、機種情報を調べ、会員カードを使い、時には足を使って稼ぐ、これが勝利への道なんです。

良い台がない時は打たずに帰る・ヤメ時はきっちり守る

これ、一番難しい気がしますw

でも機械割が100%を切る台を打つより打たずに帰る方が機械割100%ちょうど。勝ちもなく負けもなく、なんです。

まあ足を使った分、労力はかかりますが労力かけてマイナスの台を打つって悲しくなりますよねorz

そしてヤメ時。収支を上げるために即ヤメするのが一番いい台の場合、もっと打ちたい…せめて天国あるかどうか…と打ち始めるとせっかくのプラスもマイナスになりかねません。

勝ちたいのであれば欲は抑える。これもすごく難しいですがとても大事です。

目押しを覚える

これも天井狙い中心でするならものすごく大事です。

特にスイカ等が15枚役で目押しが必要な場合です。(4枚とかでももちろん大事ですが)

これを取りこぼすと300円の損をすることとなります。つまり期待収支2000円の台でも1700円に落ちてしまうということです。

ですので、目押しはしっかりとして小役を取りこぼさないように気をつけましょう。

目押しに不安がある方は、5スロやタダで打てるスロットバー等で練習するといいでしょう。スロットバーは検索すると結構出てきてお酒飲みながら打ったりできるんで楽しいですよ☆

ただジャグラーの高設定狙いでベル・ピエロまで狙って打っていると時間効率が悪いのでそこは狙わないという例外はあります。

まとめ

長々と書いてしまってすみませんでしたorz

ですがパチスロで勝ちたいのであれば

  • 近くのお店をできるだけ回って癖を掴む
  • 知識をつける
  • 打つ台がない時は打たない

以上の3点を徹底しましょう。

まあでもこうやって打っていると作業感が半端なく…といか作業になります。

ですのでたまには遠征してみて高設定狙いをやってみる等、自分なりのルールを決めてパチスロライフを楽しむといいのかもしれません☆

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

にゅー

1984年に岐阜県で生まれ、現在宮城県在住。妻に栄養について色々と教えてもらいながら健康な体を維持しています。次は目指せ細マッチョ!