【実践編:前編】仕事帰りの稼働メインで年間100万円プラスを達成した私のパチスロの勝ち方とその立ち回り

こんぬつわ、にゅーです☆

前回の【基礎編】ではパチスロの基本情報についてお話させていただきました。

【基礎編】仕事帰りの稼働メインで年間100万円プラスを達成した私のパチスロの勝ち方とその立ち回り

2018年9月4日

今回は実際にどうやって私が仕事帰りの稼働メインで年間収支プラス100万円を達成したのか。そこについて具体的に紹介させていただきます。

と言ってもかなり長くなりますので、こちらも2部構成で前編と後編に分けさせていただきます。

 

スポンサーリンク



 

パチスロで勝つためには

高設定の台を打つ

そんなん当たり前やろ!とツッコミがとんできそうだなorz

高設定の台なんて朝から行かないと取れない!それもごもっともです…

では、どうすれば高設定の台を打つことができるのか。

知識をつける(設定差の大きい小役・演出等を覚える)

まずは今いろんな店にある台の設定によって差がある部分、そこをおさえるようにしましょう。

とは言っても全部覚えるとなるとかなりしんどいです。

ですので、まずは設定が入りやすい人気台、バジリスク絆、GOD凱旋、ハーデス、沖ドキ、まどかマギカ、ジャグラーシリーズあたりを抑えるといいかと思います。

バジリスク絆であれば、弦之助BCで残り6回撃破で設定456、残り3回撃破で設定6確定、GOD凱旋であればリプ3連からのGSTOP、ベル3連からのGG、GG中斜め黄7揃いからの上乗せ等ですね。

これらを覚えておけば、自分が打っている台の隣、もしくは通りかかった時にこれらの演出が発生していればその台は高設定の可能性があるかも…と察知することができるようになります。

だからと言って打っている人の真後ろに立って空くのを待つのはマナー違反ですので、徘徊時にチラ見するくらいにしましょう。

高設定を打っている人が夕方くらいに考えるのは、このプラスになった状態で終わりたい。もしくはまだプラスにならないからやめられない。が多いです。

ですので、満足ヤメする人や、高設定だとわかっていても投資額が嵩み過ぎてヘタレヤメをする人が多いです。(もちろん終日打つ人もいます)

ですので、夕方から稼働だから高設定の台が取れない…ということはありません。

どこで勉強すればええんや!という方、今ではネット上でいくらでも台情報があります(〇〇(機種名) 設定判別と検索すればいくらでも出てきます)し、スロマガや必勝本等、コンビニにありますので読めばいくらでも書いてあります。

ネットなら打ってる最中に疑問に思ったら見ることができますしオススメです☆

小役カウンターを使う

高設定と思われる台が空いてよし!いざ稼働!となった時にあるといいのが小役カウンターです。(いわゆる勝ち勝ちくん)

小役引くたびにその小役が何回出たか、記憶できる記憶力の方はいいんですがなかなか難しいorz

ですので、小役カウンターを使ってしっかり設定差のある小役等をカウントし、高設定か見極められるようにしましょう。

高設定でよく出る演出が出たからといって、もしかしたら低設定が頑張っただけかもしれません。

それを確認する意味でもしっかり自分が打っている時も設定看破に努めるようにしましょう。

ちなみに小役カウンターですが今や携帯のアプリ等でも無料のものがありますが、個人的には何かと使い勝手のいい勝ち勝ちくんがオススメです。

↑良かったらこちらからどうぞ

ここで知っておくと得することを1つ。

店によっては台ごとのデータが細かく見れる場合があります。

そこで着目したいのが、現在差枚数が見られるデータ機のある店の場合。

この場合、Aタイプ(ボーナスのみで出玉を増やす台)の、特にジャグラーシリーズの高設定台を見極めることが格段にしやすくなります。

大体のお店だとボーナスの履歴までは見れます。が、ボーナスの確率は分母が大きいので上ブレ、下ブレがしやすいです。ですので、ボーナス確率のみで設定を判別するのは難しいです。

まあその場合は設定差があるボーナスをたくさん引いている台か(ジャグラーでいえばREG)単純にボーナスをたくさん引いている台かを参考にするくらいですかね…ほかに打つ台がなければ打つくらいのイメージ。

でもここで現在の差枚数が出るデータ機がある場合、計算することで大体の小役確率まで分かってしまうんです。

たとえばアイムジャグラー。ブドウの確率が設定1~5までは1/6.49に対し、設定6のみ1/6.18という仕様になっています。

今、6000回転の高設定かも…な空き台があるとします。

6000回転で設定1~5の場合、ブドウが約924回引け、設定6の場合、約971回引ける計算になります。

その差は47回。ブドウは7枚役なので何と329枚分の差が出ることになります。

あとはチェリーやベル、ピエロ等ありますが、ベル・ピエロは揃えていない前提で、チェリーに関しても設定差があるのでそこを踏まえて2回に1回は揃っていると仮定します。

まず総回転数×3をすることで入れた枚数が分かり、それをボーナスで獲得した枚数から引きます。その計算で出た数字と現在差枚数との差枚が、小役で獲得した枚数、ということになり、先ほどのチェリー・ベル・ピエロの仮定から、大体のブドウ回数、そしてブドウ確率が導き出せます。

ですので、Aタイプの高設定を狙っていきたい!という方は、現在差枚数が出るデータ機のあるお店を選ぶと勝率が上がると思います!

情報をたくさん集める

高設定狙いする上で、というかパチスロで勝つ上で一番大事なもの、それは目押しでも技術でも知識でもありません。

情報をどれだけ持っているか。

これです。

せっかく台の打ち方や立ち回り方を覚えても、高設定の無い店に通っていたら意味がないです。

世の中には基本毎日設定1で放置している店ってのも山ほどあります。むしろそれがデフォかもしれませんorz

じゃあ高設定のあるお店はどうやって探すか。それはやる気のある店を見つけることです。

でも普通にやってたら見つかりませんよね?そこで活用するといいのが、

  • 回胴連等のコミュニティーに参加する
  • ライター来店や取材等をやっている店に行く
  • 店のブログやメルマガがあったらチェックする

この3つです。

回胴連?コミュニティー?なんか嫌だな~と毛嫌いせず、所属すると試合会場(連れ打ち場所)の紹介(高設定たくさん入るかも)や、情報通のスロッターからアドバイスをもらったりできます。

試合後は所属している選手がブログ等で結果をそれぞれ報告するのでどの機種に設定が入っていたかとても分かりやすいです。(予想ですけどねw)

回胴連には私も所属していますが代表の監督さんもめっちゃいい人なのでオススメですよ☆(もちろんお金はかからないからご安心を)

そして、ライター来店、取材についても、その来店するライターさんの好きな台(動画やブログをチェック)に高設定が入る可能性が高いですのでチェックするといいかもです。

また、店のブログやメルマガにヒントを入れているお店もあります。

今はお店はイベント禁止になってしまったので表向きには全6!とか全456!とかできなくなっていますが、客を集めるために色々頑張っています。

気になるお店があったらチェックしてみた方がいいでしょう。

お店の会員カードを作る

さて、狙う台も決まってお店選びも分かったらあとやっておくことはコチラ!

打ちに行くお店全部で会員カードを作りましょう。

面倒くさっ!と思うかもしれませんが、これかなり重要です。特に交換率が悪い店は絶対にカードを作りましょう

会員カードを作るとお店側に管理されそう…遠隔されそう…と思われている方、お店もそんなに暇じゃないので大丈夫です。

それに遠隔ですけどほとんどのお店でやっていません。そしてやっていたとしても客側の不利になるような遠隔は絶対にしません

考えてもみてください。遠隔されて明らかにおかしなことが起こったらどうなるでしょうか。

今は情報社会、すぐにSNSで拡散され、お店の評判はガタ落ち、逆にお店にとって不利になることしかないです。

じゃあ海物語でサム出てきてはずれたってのは何なの?レインボー外れるのは何なの?という方。

実はパチンコ・パチスロの演出で確定演出というものはありません

プレミア演出はどれも99.99999999…%の確率で当たるということになっています。

それは機械なのでどうやってもバグが発生することがあるからです。

さて、話は逸れましたが、なぜ会員カードを作るといいのかですが、

交換率が悪いと打ち始めるたびに1000円で50枚借りなければならないので、損した気持ちになります。

が、ここで会員カードを作ることで貯玉ができます

貯玉をすると次回その貯玉を使って遊戯することができます。そうすると本来1000円で50枚借りるところを、交換率の悪い状態のメダルを50枚借りることができるようになるので、換金ギャップの差を埋めることができるんです。

じゃあ等価交換だったら意味ないんじゃないの?という方、そんなことはありません。

たまにありませんか?ゾーンが過ぎたけどメダルが15枚くらい残ってる…適当にジャグラーにでも入れてくるか!ってこと。

これ実はとてももったいないです。

こういう時はいかに少ない枚数でも無駄打ちをせず、貯玉するに限ります。

少ない枚数流すのは恥ずかしいことではありません。こういうコツコツが長い目で見た時に勝つ方法の1つです。

ですので、会員カードを作り、貯玉をする癖をつけましょう。

まとめ

今回はパチスロの勝ち方【実践編】ということで書かせていただきましたがいかがでしたか。

これで皆さんの勝率が上がることを心から祈っていますが、こういう方がいるかも…

ウチの近所ではそんな高設定使ってる店ないよ!田舎なめんな!と。

確かに首都圏や地方都市であればこの高設定狙い、十分通用すると思いますがそれ以外の方には厳しいかもしれません。

というわけで、今回紹介した方法を王道とすると、私が年間収支プラス100万円を達成するのに使った方法のメインは実は後編でお話する外道のやり方です。

万年設定1の据え置きしかない店だらけの最悪な環境でも勝てる方法、それについて後編でお話させていただきます。

【実践編:後編】仕事帰りの稼働メインで年間100万円プラスを達成した私のパチスロの勝ち方とその立ち回り

2018年9月6日

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

にゅー

1984年に岐阜県で生まれ、現在宮城県在住。妻に栄養について色々と教えてもらいながら健康な体を維持しています。次は目指せ細マッチョ!